LEAP編集部のブログ

『LEAP』編集部の会った人、行った店、思ったことなど……
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
宮崎と鹿児島の情報誌と言えば?
 おひさし…

いや、むしろ開き直って

初めまして!

宮崎と鹿児島の情報誌
LEAP(リープと読みます)です!!!

以前は、鹿児島の情報誌LEAPとして
ブログを(ときどーき)
書かせていただいていましたが、、、

このたび、
4月20日に発売する5月号から、
鹿児島県の書店・lコンビニに加えて
宮崎県の書店・コンビニ(一部を除く)でも
LEAPを購読していただけるようになりました。

22年間、鹿児島で蓄積した地域情報に加え、
そのノウハウを生かし、宮崎の新メンバーとともに
フレッシュな宮崎情報もお届けしていきます。

同時にブログの内容もフレッシュなものになるように、
心機一転、バシバシ書いていきますので、

『南九州の情報誌 LEAP』
をよろしくお願いしまっす!!!


| leap-editor | 百葉箱在住 | 13:30 | - | - |
レアでお得なLEAP6月号が発売されました
 ごぶさたしてます。
今日は5月20日、
LEAP6月号の発売日です。
表紙は向井理さんです。

巻頭特集は「たてもの&インテリア」特集!
鹿児島県内のお店が入居するたてものや
内装(インテリア)のデザインに注目してみました。

と言っても、
延々とデザインの話題が繰り返されるわけではなく
その店の商品やサービスもしっかり取材しています。
美味しいランチのお店や癒しのカフェ、
キラリと光るセンスの良い雑貨店、美容室などなど


要は、
「内外装デザインというオプションにこだわるお店なら
きっとメインの商品やサービスにも手を抜かないだろう
という、
LEAPからの良いお店の見つけ方の提案です。
かなり珍しい内容なので、買い逃すと
次に出合えるチャンスはなかなか訪れない
と思われます。

さらにお楽しみの
別冊はランチ特集!!
LEAP屈指の人気特集がついに別冊で展開されました。
ランチ別冊がついてもやっぱり、
いつも通りの1冊330円。
はっきり言ってお得過ぎる内容です。
ぜひお買い上げください。


百葉箱在住
| leap-editor | 百葉箱在住 | 11:03 | - | - |
九州新幹線と春を満喫できます
おはようございます。
昨日の日曜日は、ゆっくりできましたでしょうか。
ゆっくりしすぎて買い忘れた方はいませんか? 何を?
そう、昨日はLEAP3月号の発売日でした!

表紙&インタビューは岡田准一さん

気になる巻頭特集のテーマは
鹿児島の巷の話題を独占する
九州新幹線鹿児島ルート、全線開業
にスポットを当てました。
開業に合わせて九州各地でオープンするニュースポット
盛り上がること間違いなしのさまざまなセレモニー
網羅した特集です。

新幹線や鉄道に興味がある人なら、
言わずと知れたデザイナー
水戸岡鋭治さんのスペシャルインタビュー
(全5ページ!!)あり。

もしも新幹線そのものに興味がなくても、
LEAP読者なら新しいグルメや雑貨、
ショッピング情報には興味があるはず。
JR博多駅に登場する日本最大級の駅ビル/商業施設
JR博多シティ(アミュプラザ博多、博多阪急)
の最新情報も!!

回を重ねるごとにファンが急増中のお楽しみ別冊付録は
「春のお出かけ満喫本」。
いちご狩り、花見、ひな祭りイベントの情報まで
これ一冊で春の季節感を十二分に楽しめます。
かばんに、車の助手席に、必帯の一冊です。

買って損なし、1冊330円。
お近く(鹿児島県内)の書店・コンビニで発売中です!
| leap-editor | 百葉箱在住 | 09:20 | - | - |
鹿児島にもいた! 美人過ぎる■■■

こんにちは。

本日、10月20日はLEAP11月号の発売日
そして…
創刊20周年の記念日(!!)でもあります。

そこで、20周年特別企画として、
今月号では二つの試みを行いました。

一つは
1冊330円お値段そのままに、
総ページ数96ページの別冊が付くリニューアル!
第一弾のテーマは『最旬コート&ブーツ』です。
秋・冬ファッションのお買い物が
まだお済みでない読者の皆さんには、
かなり重宝していただける内容になっています。

もう一つは、巻頭特集。
7月に始まった人気コーナー『輝く女性』を大幅に拡大して、
14人の輝く女性のウラとオモテに迫る
『密着! 素敵な女性のOnとOff』という特集を組みました。
さらに、14人中の一人目はなんと、
NHKのドイツ語講座でも活躍中
日独ハーフの料理研究家・門倉多仁亜さん!
東京在住の彼女が何故…と思われた方、
答えは本誌でご確認ください!

内容充実、読み応え十分の11月号を
秋の夜長にじっくりお楽しみください。


百葉箱在住

| leap-editor | 百葉箱在住 | 16:55 | - | - |
フレンチとご利益
 こんばんは。
大変ごぶさたしていましたが、
久々にブログ再開します。

今日8月20日は、LEAP9月号の発売日
毎年大変好評をいただく定番企画です。

テーマは、ご当地ランチです。

通常、取材する店を決めるときは、
編集部に集まる情報と過去の取材歴、
編集者の経験などを頼りに、
特集テーマに沿った店を選びます。

いわばこの「選ぶ人」自身が特集テーマ。
つまり、
県内5エリアで実際にランチを食べ歩いている
地元のランチ情報通の方に
お店を推薦していただき、
その情報を元に、編集部の意見も加味して
取材する店を決めました。

最初のエリアの
最初のページに掲載したのは
農園レストラン三蔵(みくら)
自家農園の野菜や出水産の食材を、
一流シェフたちがフレンチのコースランチに仕立ててくれる、
北薩エリアで話題のお店です。

素材を活かした料理の美味しさ、
高尾野の田園地帯にポツンと現れる隠れ家的な立地、
に加えて、
このレストランが面白いのは
「敷地内に御神木があること」。

左手で触るとご利益があるといい、
この御神木を目当てに訪れる人もいるほど。
かつて(300年ほど前)周辺がまだ海だった時代から、
高尾野のやや高台にある「三蔵」の敷地内に
立ち続けているそうです。

LEAPを読んで、北薩・出水のパワースポットまで
開運ドライブも楽しいかもしれませんね。


| leap-editor | 百葉箱在住 | 21:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
日食を楽しもう
7月22日に、トカラ列島で「皆既日食」が観測できる。
トカラ列島まで行かなくても、
鹿児島県本土でも部分日食が見られる。

このニュースは、新聞やテレビなどの報道で
すでに知っている方が多いかもしれません。
発売中のLEAP6月号でも、P60のイベントページで
鹿児島県立博物館で開催中の
皆既日食に関する展覧会情報を掲載しています。(会期は6月21日まで)

では、
この日食が見られる「時間」はご存知でしょうか。

答えは
朝の9時半頃から欠け始め、
11時少し前に日食が最大になる。
です。

なんとなく見られたらいいなー、という軽い気持ちで
興味を持っていた方。ひょっとして、

その日のうちなら夕方か夜にでも見られるのだろう。
とか、
前後の日でも見られるのでは?

と考えていませんでしたか?
日食が見られるのは午前中から昼にかけてです。
お見逃しなく!

また
6月20日に発売されるLEAP7月号では、
いつものイベント紹介ページ
イベントピックアップ」の1ページを割いて、
県内各地で行われる部分日食関係のイベント
を紹介しています。こちらもお楽しみに!


百葉箱在住
| 百葉箱在住 | 百葉箱在住 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽の話、フェイズの話
14歳か15歳の頃から
日本人によるロックンロールばかり聞いていました。
ストリートスライダーズのファンクラブに入って
熱心にライヴに足を運んだものです。

18歳の頃に電気グルーヴのラジオ経由でテクノに傾倒。
大学時代にはドラムンベース、ダブ、レゲエにはまりました。 
23歳の時に地下の日本語ヒップホップシーンの魅力を知り、
証言悪名といったコンピを熱心に聴いていました。

24歳のときに
THA BLUE HERBという
アンダーグラウンドヒップホップの真のカリスマの登場を知り、
言葉とビートが放つ強烈なメッセージ性を思い知らされました。

以来10年、聴き続けてきた彼らの音楽、イルボスティーノのラップを、
しかしテレビCMで聴く日が来るとは思いませんでした。
5月から、スポーツ飲料ゲータレード最新CMの音楽に
THA BLUE HERBが書き下ろした『ONE STEP』が採用されています。
 
http://gatorade.jp/menu.html

THA BLUE HERBがメジャーになったことも理由の一つでしょうが、
彼らの音楽に共感した世代が、CMを作る側に登場し始めた
ということだと思います。
影響を受ける側から、影響を与える側へ。
新しいフェイズへ移行できるよう、
自分も努力していこう、と勇気付けられる事件でした。


百葉箱在住
| 百葉箱在住 | 百葉箱在住 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月の、大人の楽しみと言えば…
最近の鹿児島は、気持ちの良い晴れが続いています。
このままずっと、こんな爽やかな日が続けばいいのですが、
もうすぐ長雨の季節がやってきます。
普段はアクティブな人でもフットワークが重くなりがち。

そんなときは、先週発売になったLEAP6月号をテキストに、
ゆったりと流れる時間を楽しむ
大人の6月の過ごし方を、試してみてはいかがでしょうか。

巻頭の特集ページ(10ページから)では
・カフェ(カフェトワメゾンコーヒーギャラリー蒼など)
・美術館、ギャラリー(三宅美術館、野月舎、岩崎美術館
・雑貨店(チェスティーノ、ペコラ、チェッカーベリーなど)
・日帰り温泉、物産館(せせらぎ荘、活お海道、くすくす館、かめまる館など
といった素敵な目的地をのんびり巡るコースとともに、
・パスタや蕎麦など麺類が美味しいお店(32、33ページほか)
もたくさん載っています。

また、自分磨きも6月がおすすめです。
夏が来て、祭りや海、山に繰り出したときに、
見違えるように変身した自分を想像しながら…。

・エクササイズなら? 心と身体をリセットできる
メディカルフィットネス ジェスパの情報あり
鹿児島市下福元町2635パークヒルズ慈遊館1F
099(263)3070 →詳しくはLEAP6月号の30ページへ

・美容室なら? スタイリングしやすい髪をくれる
美容室giacca(ジャッカ)の情報あり
鹿児島市中央町25−13−2F
099(255)4059 →詳しくはLEAP6月号の6ページへ

あまり人と会わない間にキレイに変身しちゃいましょう。


百葉箱在住
| 百葉箱在住 | 百葉箱在住 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブルースマンの死を悼む
NHKで追悼番組も放送され、
ほぼ全国民が知っていると思う今更なニュースですが。

5月2日午前0時51分、
RCサクセションのヴォーカル、
ブルースマン忌野 清志郎さんが、
癌性リンパ管症により58歳で逝去されました。

1980年代に青春期を過ごし、
社会からハミ出したり、ハミ出したいと内心思ってた日本人
(いわゆるアラフォー世代)で、
彼とRCサクセションの影響を受けなかった人など
ほとんどいないのではないでしょうか?

ロックとフォーク(メッセージがなければただのポップス)
が未分化だった70年代から、
ロックとニューミュージック(懐かしい! 結局ポップス)
が袂を分かっていく80年代までを
駆け抜けたカリスマでした。
アメリカ南部の生まれのブルース、R&B、ロックンロールを、
厚みのある音と忘れがたい日本語にして、
お茶の間にまで響かせた偉人でした。

ちなみに1975年生まれの僕にとってのRCサクセションは
もちろん解散(活動休止)後に後追いで聞いたバンド。
知ったのは確か17歳か18歳くらいのとき聞いたラジオ、
電気グルーヴのオールナイトニッポンがきっかけでした。
「一番思い入れがナカッタから」 という理由で(笑)
しかも偽名(子門’z)で
『トランジスタラジオ』をカバーしてました。
もう大好きなのがバレバレな、愛情あふれる感じで。

そこからさかのぼって
ラプソディー、プリーズ、シングルマンなど、
RCのアルバムはずいぶん聴き込みました。CDでですけど。
今も一番好きなのはアルバム「シングルマン」収録の
『甲州街道はもう秋なのさ』です。

今はまだ、RCのアルバムを聴ける心境ではありませんが、
夏が終わる頃に、シングルマンを聴いてみようと思います。


百葉箱在住

| 百葉箱在住 | 百葉箱在住 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
名山町の胎動
鹿児島市役所の前の名山町にある、
狭い路地にトタン屋根がかかる古い商店街、
通称「名山堀」が、最近面白い。

戦後の物資の乏しい時代に出来た
「市」=マーケットの名残の一つですが、
当時の地割りや通りの雰囲気を今に残すのは、
鹿児島市内ではもはやここだけです。
そのため、都市計画の専門家や、駄菓子屋さんなどが残る
ノスタルジックな雰囲気が好きな散歩愛好者の間では
有名な場所だったのですが、
暗く狭い作りなどから敬遠する人も多く、
そもそも存在を知らない人も多かった場所です。

でも、これまでとはまた違った意味や面白さを
この「名山堀」に見出して、
ここから新しいアクション起こそうとしている人が
今増えてきているのです。

・NPO法人「かごしま探検の会」は、この4月から
事務局を名山堀に建つ長屋の一角に移しました。
・名山町へ新規に出店する飲食店が増えています。
つい先日には、新しいフクレ菓子屋さんがオープンしました。
・以前から多くある居酒屋の一部では、
昼間に通りを歩く人が増えてきたことを受け、
ランチを始める店も現れ始めました。
・もう一度人工的に作ることはできない
独特の「たたずまい」がカメラマンやクリエイターに注目され、
さまざまな撮影ロケに使用されることが増えてきました。
※ちなみにLEAP4月号の表紙ロケも名山堀の路地で行われました。

何かが、この街で始まろうとしています。
街の変化は 地下の現場や 各場面から察知してる…
というのはSCARSのbay4Kというラッパーの言葉ですが、
街で遊ぶのが好きなあなたは、
まずは一度、鹿児島市役所の向かい、港大通り公園横の
「名山町商店街」を訪ねてみてはいかがでしょうか?


百葉箱在住
| 百葉箱在住 | 百葉箱在住 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ