LEAP編集部のブログ

『LEAP』編集部の会った人、行った店、思ったことなど……
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
お礼
2007年も残りわずかになってきました。
弊社も明日の大掃除や納会を経て年末年始休暇に入ります。

当ブログを訪問してくださったみなさま、Leap読者のみなさま、その他大勢のお世話になったみなさま、今年一年誠にありがとうございました!! 感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
みなさま、良いお年をお迎えくださいませ!!


--------------------------------------------------------------------------------
私事で大変恐縮ですが、人事異動のため僕のエントリーは今回が最後になります。
僕の独りよがりなつぶやきに耳を傾けてくださったり、わざわざコメントをいただいたりして大変ありがたかったです。それがあったから、気持ちが長続きしない僕もなんとか更新を重ねることが出来たのだと思います。ただひたすら感謝しています!!
ありがとうございました。またいつかどこかでお会いしましょう!!

またね〜!!
| leap-editor | 管理者 | 15:08 | comments(7) | trackbacks(0) |
クリスマスの約束
昨夜の「クリスマスの約束」の前半を見ました。

ゲストアーティストと小田さんの会話を聞いていると、両者の関係や素顔が垣間見える感じがしておもしろいです。曲のイメージとは裏腹な小田さんの“不気味”さが、それぞれの人間性を強くあぶり出してくれている感じがします。あの番組ならではの醍醐味だと思います。

それにしても、小田さんは還暦とはいえまだまだ声が高い!! ご本人には「若い頃に比べると…」という思いがあるみたいですが、個人的には十分だと思っています。

あの声で歌をうたい、聴き手が感動する。
かつてアメリカへの挑戦の話をされたことがありましたが、日本にこれだけ小田さんの歌を聴いて感動する人がいるのですから、それだけで素晴らしいと思います。世界基準に合わせていかなければならないことも多い世の中ですが、音楽の世界はそうでなくてもいいのではないかと思います。日本人がとことん感動できる音楽を、小田さんをはじめ多くのアーティストに期待していますウィンク
| leap-editor | 管理者 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
痛ましい事故
・バス運転の男性ら、容疑で逮捕 外環道バス転落事故(asahi.com)

スポーツクラブや部活動の指導者が、遠征や試合のために車のハンドルを握ることは特異な例ではないと思います。安全や責任を考えると公共交通機関なのでしょうが、乗り継ぎ・費用・荷物などを考えると、車という手段に落ち着きやすいのだと思います。それで問題が起こらなければよいのですが、今回のような事態になってしまうと運転者の責任は免れません。これは自分にも起こりうることであり、大変不幸だと言わざるを得ません。

他人を乗せて運転する以上、運転者がプロであろうが素人であろうが同乗者の命を預かることに変わりはありません。目的がいくら善意であっても、ハンドルを握ることが妥当なのか冷静に判断する必要があるのかもしれません。運転という行為は、楽しさや便利さが大きい分だけ社会的責任が大きいですよね。

鹿児島県内ではこのところひき逃げ事件が相次いでいますが、穏やかな新年を迎えたいものです。僕も毎日80km以上運転する身。一層気を引き締めていきたいと思います。
| leap-editor | 管理者 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
お姫様の告白本
・グラビアも!姫“告白本”強行出版(スポニチ)
見出しを見て、どこかの歌姫が本を出す話だと思ったのですが…たらーっ

不倫問題についての新事実に、撮り下ろしのコスプレ写真って、確かに現職国会議員としては異例ですね…。っていうか、そんなことしていいんでしょうか…困惑 いろいろ事情はあるのでしょうが、“本業”でのご活躍を祈るばかりです。

 
| leap-editor | 管理者 | 11:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
ケータイ小説を学校で学ぶ
ケータイ小説が10代を中心に人気があることは知っていましたが、ケータイ小説作家養成コースを持つ学校があるとは知りませんでした。
・ケータイビジネス学院

ケータイ小説と無縁な僕には、学校名からして衝撃的です汗
最近では「私の夢はケータイ小説作家!!」なんていう会話が友達同士で交わされているのでしょうか? だとしたら、時代を感じますね…。生活必需品がメシの種に。ケータイってすごいです。
| leap-editor | 管理者 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
シューマッハータクシー
元F1レーサーの運転するタクシーは、一体何キロ出たのでしょう?
・「世界最速のタクシー運転手」とんだ騒動に発展 シューマッハー(MSN)

シューマッハー氏の運転する車に乗れるなんてすごい経験だとは思いますが、怖くなかったのでしょうか? 真偽のほどは分かりませんが、“多くのコーナーを「全開で攻めた」”ところを想像するだけで怖いですひやひや ブレーキ、ヘルメット、シートベルト、対向車…。運転者がいくら上手でも、他人の車に乗るのはちょっと苦手です。

シューマッハー氏にとっては普通以下の運転だったのかもしれませんが、結果として事故が起こらなかったことが何より。師走のあわただしい時期、事故には本当に要注意と自戒しました。

| leap-editor | 管理者 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
あいのり
月曜日の楽しみは「あいのり」(フジテレビ系)です。

「あいのりを見てる」と言うと、「あれってやらせでしょ!?」とか言われますが、僕的にはどうでもいいんです。楽しければ。番組制作側の“やらせ”的な意図よりも、出演者側の“有名になりたい”的な意志を強く感じることがあります。制作者・出演者双方に利益があって、さらに視聴者も楽しめれば番組的には何の問題もないと思うのですが…。ただ、中には実際に結婚までいったカップルも複数いますので、その部分は尊重したいですね。
| leap-editor | 管理者 | 11:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
冬のボーナス
新聞に「公務員に冬のボーナス支給」なんていう見出しを見つけると、「本当に12月なんだなぁ」と実感します。

先日の報道によると、鹿児島県の一般職員の平均支給額は87万円とか。平均で87万円…。
毎年ですが、「うらやましい」「すごい」といった言葉しか出てきません…。
ボーナスがこれだけ出せる状態だから、県の財政はまだまだ大丈夫だと信じていますよウィンク

ついでに、県の議員は167万円で鹿児島市の議員は139万円。そのうち立候補するのもいいかなと0.5%位思ってしまいました。まぁ、何はともあれお金は大事に使いたいですね。
| leap-editor | 管理者 | 11:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
平成鍋合戦
こういうイベントも面白くておいしそうですね。
・「じゃがバター鍋」が初優勝 天童で平成鍋合戦(山形新聞)

値段も手頃でお客さんが多いのも納得!!
お腹すいてきましたムニョムニョ
| leap-editor | 管理者 | 19:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
フーとハーの温度差
子供の抱く素直な「なぜ?」にある種の感動を覚えることがあります。

先日の地元紙の「こども新聞」に掲載されていた、「フーとハー息の温度なぜ違う」という小学3年生の質問。思わず実際にやってみて、「本当だ!!」と心の中で叫んでしまいました。理屈は知らなくても経験からフー(冷ます)とハー(温める)の使い分けを無意識に行っていますが、「同じ息なのになんで温度が違うのか?」なんて今まで疑問にすら思わなかったです。質問者は目の付け所が鋭いですし、感性が素直で豊かですよねぴかぴか

ちなみに、フーとハーの温度差は「断熱膨張」のはたらきによるものらしいです。「ハー」は口の中と外の圧力の差がないので息の温度は変化せず、「フー」だと口の中より外の方が圧力が弱いので息が膨張して温度が下がるという理屈です(詳細は南日本新聞12/11付朝刊をご覧ください)。勉強になりました。ありがとうございますラッキー

過去には「空はなんで青いのですか?」なんていう質問もあったりしましたが、質問する子供はもちろん、それにきちんと答えてあげられる大人がいることに感心します。その道の方にとっては常識的なことでも、門外漢からすると未知の領域です。人間が生涯で得る知識なんてそんなに多くはないと思うのですが、こういう記事を読むと「知る」ことの楽しさをあらためて感じます。あらゆる好奇心は死ぬまで捨てたくないですね。


※デザイン(テンプレート)をクリスマス用に変えてみました。
しばし気分転換にどうでしょう???
| leap-editor | 管理者 | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ